バカラとブラックジャック、どちらが儲かる?その答えは

バカラとブラックジャックではどちらが儲かるのか、その答えはブラックジャックになります。むしろ、ブラックジャックはカジノのゲームの中で例外的にプレーヤーが儲けることができる可能性を持つゲームとして有名であり、本来であれば勝つことができないのが自然なのです。

バカラも還元率が非常に高いので負けにくいことは事実なのですが、技術介入要素がないので修練によって勝率を高めるということはできません。そのため、短期的には勝ったり負けたりであっても、長期的に見れば控除率の分だけマイナスになってしまうのです。

それに対してブラックジャックには技術介入要素があるため、最善のプレイをすれば長期的にプラスにすることができる可能性を秘めています。これはあくまでも最善のプレイをした前提となるので、スキルがなければ負けてしまうことになり、その場合にはバカラのほうが勝ちやすいこともあります。

勝てる可能性は秘めているものの、そのためには相応の技術を身に着けなければならず、簡単にできるものではありません。それではなぜブラックジャックは勝てる可能性があるのかと言えば、そのゲームの仕組にあり他のカードゲームと違って、場に出たカードが回収されず取り除かれることになります。

必然的に残りのカードの内訳がある程度推測をすることができますから、状況次第でディーラーが有利であったりプレーヤーに有利な状況が発生することがあります。場に出たカードの数字を数えておいて、プレーヤーに有利な場面だけ勝負をすれば、ディーラーよりも高い勝率を叩き出すことができ、長期的に勝ち越すことができるのです。

これはカウンティングと呼ばれる技術であり、正確に数を数えてなおかつプレーヤーの有利な状況で勝負をするというのは簡単にできるものではありません。だからこそ勝つためには相応の技術が必要となるというわけなのです。更に最近ではカウンティングができないようにカードの枚数を増やしたり、シャッフルをするタイミングを早めたりして対策を施されているので、勝つことは以前よりもかなり難しくなっています。

このように理屈としてはブラックジャックのほうが儲けやすく勝てる可能性があると言えますが、一般人のレベルであれば勝つのは容易ではなく、技術が無いのであれば還元率が不変で高いバカラのほうが儲かる可能性は高いと言えます。結論を言えば一般人が長期的に儲けるのはどちらも難しいので、あくまで遊びと割り切って好みの方を選ぶのが良いでしょう。