カジノではバカラの賭け金はどれくらいからできるのかを調べてみた

カジノでバカラの賭けに参加するときに気になるのが「いくらから賭けることができるのか」ということですが、これはテーブルのそばに掲示されている紙を読めばわかります。掲示される内容はカジノごとに異なりますが、賭け金の下限(minimum)と上限(maximum)はどのテーブルにも必ず記載されています。この賭け金の下限と上限は、カジノの世界では「テーブルリミット」と呼ばれます。

実店舗においてもオンラインカジノにおいても、テーブルリミットはカジノごとに異なっており、また店やWebサイトの中でもテーブルごとに異なる賭け金の範囲が設定されています。ところによってはさらに、1日の中の時間帯でテーブルリミットを変化させているところが存在します。このような所では、楽しんでいる最中にテーブルリミットが変わる可能性がありますが、変更された賭け金の範囲が適用されるのは変更後に賭けに参加した客だけで、その時間がくる前から遊んでいた人には変更前のテーブルリミットが適用されます。

具体的なバカラのテーブルリミットについて述べると、まず近年日本からも多くの人が登録しているオンラインカジノの場合だと、賭け金の下限については最も低いバカラで1ドルですが、VIPユーザー向けのバカラだと数百ドルと高めに設定される傾向があります。上限は、最も少なく設定されているもので100ドル程度ですが、中には10,000ドル以上賭けることができるバカラが設置されているところが存在します。10,000ドル以上が上限のバカラは、ハイローラーと呼ばれるカジノに大金を投じることが多い客にも遊んでもらえるようにしたもので、実際に多くのハイローラーがこのようなバカラで遊んで、賭けたお金より多くのお金を手にしています。

実店舗のカジノに設置されているバカラの賭け金は地域ごとに異なっています。韓国やフィリピンでは下限が5~20ドル程度で、上限は4,000ドル前後としているカジノが多くなっており、他の多くの都市でもテーブルリミットをこの程度にしているところが多いです。一方、有名なカジノ都市の一つであるマカオでは、50~300香港ドル程度を持っていればビデオバカラで遊ぶことができますが、テーブルに着席して対面で遊ぶ通常のバカラだと、500香港ドルないし1,000香港ドルがなければ参加できない所が少なくありません。最高額はテーブルによって異なっており、中には2,000,000香港ドルまで賭けられるカジノが存在します。