初心者でもバカラは稼げる?ルールを把握することがポイント

バカラは大金を掛けて遊ぶ人も多いから、難しいルールだと初心者は勘違いしてしまいます。複雑なことは何もなく、「運」があれば初めてでも勝てると言われるほどのゲームです。難しい戦略を立てなくても、満喫できます。実はバカラのゲームに参加する人は、「バンカー」と「プレーヤー」の勝敗を予想するだけという手軽なゲームです。コイントスして裏か表か当てるみたいなもので、冷静に想像力を働かせ、ゲーム用語さえ覚えてしまえばカジノ自体が初心者でも問題ないでしょう。やり方によっては、初心者でも十分に稼げるゲームです。

カードの数え方は10の数字からKまでは「0」で、Aは1で2から9までは書かれている数字そのままにカウントします。そして2枚から3枚あるカードの下一桁が、9に近いほど勝ちです。バンカーとプレーヤーのどちらが9に近いかを予想するのがバカラで、合計が9や8の方に掛けることが出来ればすぐに勝負が決するゲームです。どちらにも掛けたり引き分けに掛けたりもできますが、確率はそれほど高くないのでチップが失われやすいので、初心者はバンカーとプレーヤーのどちらかに決めて掛けたほうが勝てる可能性が高く、ゲームの場に慣れてから選択肢を広げると良いでしょう。

覚えておきたい用語はいくつかありますが、初心者は「ピクチャー」や「ナチュラル」と「デッキ」あとは「コミッション」位です。ピクチャーはカードの中でも絵柄が描かれているカードのことで、JからKが該当します。ナチュラルは、バンカーとプレーヤーがどちらとも初めの2枚の合計が9か8になっていることを意味します。デッキとはトランプのセット数を表すもので、52枚で1デッキとなり、バカラゲームでは8デッキ使われることが多いです。そこのカジノのルールによって、デッキ数が違っている場合があります。コミッションはカジノ運営側に徴収される仕組みのことで、バカラはバンカーに掛けて勝ったとき配当金の5%が徴収されます。カードを引くヒットやカードを引かないスタンドとかステイという言葉はわざわざ覚えなくても、その場ですぐ理解できる言葉でしょう。

バカラは、高額を掛ける場所と1,000円程度から遊べる場所に分かれていることがあります。初心者は慣れるまで、安い掛け金で遊べるところで遊んだほうが大損をしにくく安心です。実際にカジノに出向き掛けるのが不安なら、今はオンラインカジノで気軽に遊ぶことが可能です。