効率的に賭けるためにもバカラにプレーヤーが勝つ確率を知ろう

バカラの確率は、引き分けを抜きに考えると約2分の1であるため初心者であっても運だけで勝つことができるものです。実際に、バカラは確率論だけでも勝率を向上させることもできます。特に、参加している人はバンカーとプレイヤーのどちらが勝つのかを決めれば良いだけなので、難しいルールも存在しません。

バカラのプレイヤー側は、厳密に計算すると約48%から約49%程度で勝てると考えられています。つまり、バンカー側の方が勝つ確率が高いため賭けを対象として投票をするのであればバンカー側の方にするべきです。これには、バカラのルール上の特徴が理由として存在します。バンカーは、プレイヤーと異なってカードの出目が不利になったときに3枚目のカードを引くことができるという大きな利点が存在します。後付けの理由として様々な要因もありますが、そもそもルール上でバンカー側が有利になっていますので確率論的にもプレイヤー側の負ける可能性が若干ですが上がっています。つまり、数字上でもプレイヤーの勝ち負けの根拠は存在することになります。

事実、バカラは単純な運要素が数多く存在するものとして知られているため、その運要素を数値化することによって効率的に勝っていくことができる必勝法のようなものも提唱されています。バカラは、バンカーとプレイヤーのどちらに賭けても構いませんので、片方に賭け続けると確率的には必ず的中させることができます。この的中率の問題に関しては、確率的な運要素を数値化することである程度予測できるようになります。実際に、罫線などを使って分布を簡易的に作れば、初心者でも実際に賭けに勝つことができます。

さらに、勝つ確率としてはハウスエッジの問題もあります。バカラにおける勝つ負けるの考え方というのは、単純に的中したり外れたりすることを意味しません。当たったときにきちんと利益が出ているのかどうかということが非常に重要になります。このためのポイントになるのが、ハウスエッジというものです。ハウスエッジとは、簡潔に述べるとバカラを提供している親側の取り分を指すパーセンテージのことです。このパーセンテージが大きくなるものほど勝てる確率が下がることになります。この点、バカラの場合は実はプレイヤー側のハウスエッジが高く設定されています。ですから、自然とプレイヤーよりもバンカーの方が勝てるようになっていますので、この点を考慮して賭けをしなくてはいけません。